学習量の目安はプロに教わるべきだと思いました

私は、試験勉強に本腰が入るまでに時間が掛りました。
自動車事故の損害賠償請求、その働き方には惹かれたもののやはりそこは独立開業。リスクのことも考えました。『独り立ちして本当にやっていけるかどうか』の疑心暗鬼。また損保セールスの仕事は、夜にお客様のご自宅を訪問させていただくことも多く、仕事の時間も不規則です。なかなか決まった時間に勉強することができません。
そんなこんなで覚悟はなかなか決まらないのですが、その間、市販のテキストだけはあれやこれやと増えていきました。

そうすると前段でも申し上げましたが、何をどれくらい勉強するのが適切なのか、いよいよわからなくなってきます。初年度の受験で本気で勉強したのは3ヶ月程度ですので、当然といえば当然ですが試験には落ちました。

そんな小さな失敗もあり、独学か?通学か?通信講座か?を決める時に、私が思ったのは、「どの科目をどれくらい勉強すればいいのか」、はっきり教えてくれる指南役が必要ということでした。行政書士の勉強を初めてする人にとって、このあたりの見極めを自分でつけるのには、やはり無理があるのです。

専門学校や通信講座のカリキュラムのほとんどは、標準学習時間の目安を提示しています。そしてその時間内で1回転できるよう、学習内容もポイントを絞り込んで編集しています。
私は2年目に、通信講座(フォーサイト)の教材を使いましたが、それまで使っていた市販のテキストと比べてみると、編集の差は歴然でした。市販のテキストは価格的に見て得した気分になるほど情報量は多いのですが、比べてみると編集の仕方が散漫です。だからページ数が多い!本試験では滅多に出ないところも、独学者はコツコツ勉強させられることになるのです。
法律科目の海は広大です。試験に合格することを最優先に考えるのであれば、独学だけはお薦めできません。

それでは通学と通信講座ではどちらがよいか?これは人それぞれだと思いますが、私は仕事の都合上通学はできませんでした。
実は通学にも大きく惹かれていたのです。講義は講師から生で聞いた方が刺激されるに決まっているし、教室で友人を作れば情報交換もできると思いました。お金にも余裕がなかったわけではないですので、時間が許すのであれば私も通学したかったのです。

ただ、通信講座で一年勉強してみて思ったのは、たしかにライブの授業は魅力だけれど、ビデオ(DVD)で同じ授業を繰り返して聞くことも大いに価値があるということでした。教室へ通う授業では、講義の繰り返しはありません。
どちらも一長一短がありそうです。通学か通信講座は、時間とお金と、自分に適した学び方をよく考えて決めるようにしてください。

>>独立開業した行政書士に仕事や合格のポイントをインタビューしています。