行政書士は誰でも受験できる。60%以上の正解率で必ず合格できます

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、ここでは行政書士試験の概要について押さえておきましょう。試験の行われ方を押さえておくことが、試験対策の第一歩になります。

【試験日】
●行政書士の試験は、毎年11月第2日曜日に実施されます。最終の合格発表は1月になります。(試験時間:午後1時から午後4時まで)

【受験資格】
●年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。

【試験科目】
■法令科目(出題数46題)
・行政書士の業務に関し必要な法令等(46題)
・憲法、民法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を中心とする)、商法(会社法)、基礎法学

■一般知識(出題数14題)
● 政治・経済・社会 ● 情報通信・個人情報保護 ● 文章理解

【試験の方式】 
試験は筆記試験によって行います。
出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
※記述式は40字程度で記述するものを出題します。

【合格基準】
以下の要件、全てを満たしていることが合格条件です。
・行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
・行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
・試験全体の得点が、満点の60%以上である。

【受験料】
7,000円

【受験願書の配布】
・郵送配布
配布期間:8月上旬・月下旬まで
希望者の請求に応じて、行政書士試験研究センターから希望者に郵送されます。
・窓口配布
配布期間:8月上旬・月上旬まで
各都道府県の庁舎内、各出先機関、各行政書士会でも入手できます。

【問い合わせ先】
財団法人行政書士試験研究センター
所在地  〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館1階
電話番号 (試験専用)03-5251-5600

ココがポイントです。

行政書士試験の特長は3つあります。

  1. 受験資格がなく誰でも受けられることです。年齢や学歴に関係なく、あくまで能力本位で新しい行政書士を育成しようとする国の方針には好感が持てます。『しかし誰でも受けられる試験だから、そのぶんライバルも増えのでは?』と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。ご安心ください。
  2. 行政書士の試験は、満点の60%以上を得点できれば誰でも必ず合格できる絶対評価の試験です。学習により一定水準以上の知識を身につけておけば、受験者数の多い少ないに関わらず合格できます。
  3. 試験の方法に、択一式と記述式の両方があること(法令科目)。このことが行政書士の試験を難関にしていることのひとつの要因です。法令科目は記述式の問題にも対応できる深い理解が必要になります。このことを念頭に学習計画を立てていくようにしてください。
>>独立開業した行政書士に仕事や合格のポイントをインタビューしています。